ヒッポファミリークラブ 公式 » トピックス
TOP >  » トピックス

トピックス・マスコミ掲載情報

1 2 3 4 5 21

第5回多言語ネイチャーキャンプが開催されました

10998

(2019年 8月 7日)

7月27日(土)から7月30日(火)の3泊4日間、長野県飯山市の斑尾高原で「第5回多言語ネイチャーキャンプ」が開催されました。 2015年から毎年夏に開催しているこのキャンプでは、多様な参加者が自然体験を楽しみながら、言語や文化、世代を越えて友情を育みます。5回目を迎えた今回は、0歳から70代までの総勢389名が参加しました。海外からは、中国・広東省の中高生71名を含む100名が参加し、友好を深める場となりました。 1日目には、斑尾高原 山の家でオープニングセレモニーが実施され、民族衣装を着た司会者が「新しい友達を作ったり、新しい経験をするのはもちろんのこと、いろんな国の人たちのこ......

アフリカ20ヵ国の人々が参加、アフリカ開発会議連携イベン・・・

11010

(2019年 8月 9日)

2019年8月28日(水)~30日(金)に横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)にあわせ、開催月である8月は「アフリカ月間2019」として、TICAD7の開催機運を盛り上げ、会議への理解促進やアフリカを身近に感じる機会を提供する様々なイベントが開催されています。 この「アフリカ月間2019」の一環としてヒッポファミリークラブでは、8月4日(日)に横浜ワールドポーターズで、アフリカの多様な言語や文化に親しむイベント「わくわくアフリカ×多言語でつながろうフェスタ!」を開催しました。当日は、マラウイ、トーゴ、ベナン、チュニジアの各大使館関係者やJICA横浜の研修員12名など、ア......

海外高等学校交換留学の帰国生による報告会を開催

10935

(2019年 7月 9日)

7月7日(日)、国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 大ホールで、2018年度の海外高等学校交換留学プログラムの帰国生による報告会が開催されました。 毎年7月に開催されるこの報告会は、約1年間の海外留学を終えた帰国間もない高校生が一堂に会して2泊3日の合宿を行い、その最終日に開催されます。司会進行、留学国別のチームによるパフォーマンス、海外体験のプレゼンテーション、報告会の最後に流れるスライドまで、全てを自分たちで企画、実施します。今回は2018年の春から夏にかけて、アメリカ、タイ、メキシコ、ドイツ、カナダ、フランス、ロシア、イタリア、ベルギー、スペインの10カ国に旅立っ......

アフリカ開発会議関連イベント開催のお知らせ

10906

(2019年 6月 18日)

2019年8月28日~30日に横浜で開催される第7回アフリカ開発会議の開催機運を高めるための連携事業として、ヒッポファミリークラブがアフリカを身近に感じられるイベント「わくわくアフリカ×多言語でつながろうフェスタ」を主催します。 【日時】2019年8月4日(日)13:00-16:00(12:45開場) 【会場】横浜ワールドポーターズ6階 イベントホールA     ※入場無料、どなたでもご参加いただけます。 【内容】 「アフリカを知る」アフリカ大使館の方や留学生からアフリカを紹介します 「アフリカの多言語に浸る」会場内でアフリカのいろいろな......

「カバジンの多言語スタンプ」発売のお知らせ

10808

(2019年 4月 25日)

LINEスタンプ「カバジンの多言語スタンプ」販売中 ヒッポファミリークラブのカバのキャラクター「カバジン」が世界のことばでトークを盛り上げます。ぜひご利用ください。 <購入方法> スタンプショップまたはラインストアから「カバジン」で検索すると、クリエイターズスタンプに表示されます。 ※「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。......

第6回多言語・雪の学校が開催されました

10764

(2019年 4月 15日)

2019年3月27日(水)~3月30日(土)の3泊4日、長野県飯山市なべくら高原で「第6回多言語・雪の学校」が開催されました。 毎年3月になべくら高原周辺で開催されるこのキャンプは、文化やことば、世代の異なるメンバーと豊かな自然の中で一緒に遊んだり、協力して生活したりする体験を通して、新しい友情を育む国際交流キャンプです。プログラム期間中は全参加者が25人程度のグループに分かれて活動することを特徴とし、共同生活による他者との協働を通して子どもたちの主体的・対話的な姿勢を育てます。今年は、中国・太湖大学堂の小学4年生45名や、韓国、タイ、イタリア、ロシア、チェコ、アメリカなど16の国や地域にル......

特別講座「ことばと人間を自然科学する」開催レポート

10712

(2019年 4月 9日)

2019年3月21日(木・祝)にすみだリバーサイドホールで、特別講座「ことばと人間を自然科学する」を開催しました。 当日は、ヒッポファミリークラブの研究協力者である中村桂子先生(JT生命誌研究館 館長)と酒井邦嘉先生(東京大学大学院総合文化研究科 教授)のお二人をお招きし、講義をしていただきました。専門的なお話を小さな子どもでも興味が持てるようにお話いただける機会ということで、家族で参加する方が多くみられました。 中村先生の講義は、「ふつうのおんなの子のちから」と題され、同タイトルの著書に込められた思いについてお話しされました。どうしてこの本を書こうと思ったのかというお話から始まり......

多言語教育の最新事情を伝えるシンポジウム開催

10615

(2019年 3月 29日)

2019年3月13日(水)、アルカディア市ヶ谷 私学会館で、多言語教育の最新事情を伝えるシンポジウムが開催されました。ことばの習得や外国語教育、多言語活動の取り組みについて各分野の有識者や専門家が講演を行い、教育現場の先生方やヒッポファミリークラブの会員を中心に250人が聴講に訪れました。 基調講演では、言語学・多言語獲得研究の第一人者であるマサチューセッツ工科大学のスザンヌ・フリン教授が「人間の言語能力は無限」と題し、人間の言語や脳、多言語習得に関して解明されていることと誤解の15項目を発表しました。人間の言語は基本的に一つであること、すなわち日本語や英語、方言といったいくつかの言葉が......

「第6回多言語プレゼン大会」開催レポート 

10629

(2019年 3月 29日)

2019年3月10日(日)、東京ビッグサイトの国際会議場で、16歳から25歳の若者30人が3つ以上の言語を使って社会へメッセージを発信する「多言語プレゼンテーション大会」が開催されました。 6回目の開催となる今回は、動画投稿による予選の結果、日本、韓国、アメリカ、モンゴル、中国、イタリア、メキシコの7カ国から、高校生16人、大学生・社会人14人が登壇。自らの言語体験や留学・国際交流を通じた多様な価値観への気づきや異文化を受け入れる感覚などについて、自分自身のことばで熱く聴衆に語りかけました。力強いことばと体全体から発せられるエネルギーで舞台と会場には一体感が生まれ、若者達の瑞々しい感性か......

教育シンポジウム開催のお知らせ

10507

(2019年 2月 7日)

教育シンポジウム「グローバル社会における多言語の可能性~最新の言語研究と教育現場の事例から考える~」を開催します。 訪日観光客の増加、外国人受け入れの拡大、AIによる翻訳の進歩など、私たちのことばをとりまく環境は日々変化しています。このような社会の変化に伴い、広く関心を集めているテーマが「ことばの教育にどう取り組めばいいか」です。 このシンポジウムでは、言語学、言語脳科学、外国語教育の専門家を招いて、ことばの教育や多言語の取り組みについて考えます。 <開催概要> 日時:2019年3月13日(水)19:00~21:00(開場18:30) 会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)......

1 2 3 4 5 21

一覧を見る
お問い合わせ