TOP > ヒッポの国際交流とは?

ヒッポの国際交流とは?

ヒッポファミリークラブの国際交流は、国や文化、習慣、ことばの違いをこえて、どんな人とも心を開いて交流することを目的としています。「外国から来たお客様」ではなく、「家族の一員」として、ホストファミリーと一緒に生活することで、観光旅行では得ることができないたくさんのことを経験し、お互いの国に家族や親戚のように親しい友だちをつくります。また、日常の多言語活動をベースに事前の準備から交流後の報告までみんなで体験をシェアし、ことばを育てていきます。

ヒッポファミリークラブを設立した1981年、『国や文化の違いをこえて、世界中に友達をつくろう』を合言葉に、アメリカ、韓国への青少年ホームステイ交流を実施したことから、国際交流がスタートしました。どの交流も最初は小さなきっかけから、ひとつひとつ一家族ずつ出会いを積み重ねることによって世界とのネットワークを広げてきました。

多言語活動の充実とともにプログラムも増え、現在は約30の国や地域へ、赤ちゃんからシニアまで毎年約1500人が出かけています。また、「ホームステイ受け入れ交流」も盛んで、年間約120ヵ国5000人を超える方々を受け入れています。

ヒッポならでは。どんな世代も参加できるホームステイプログラム