TOP > ヒッポファミリークラブとは?

ヒッポとは?

国や人種の違いを超えて、どんなことばを話す人ともコミュニケーションできるようになれたら・・・。そんな思いから1981年、多言語を自然習得(母語の習得プロセス)するヒッポファミリークラブは誕生し、主に「多言語の自然習得活動」、「国際交流活動」、「研究・開発活動」の3つの活動を柱としています。

本来、人間誰もが「どんなことばでも」「いくつでも」話せるようになる自然のチカラを持っています。インドやルクセンブルクなど「多言語の環境」のなかで育った赤ちゃんは、いつの間にか母語としていくつものことばを習得していくのです。ヒッポではそれと同じプロセスでいくつものことばを自然に身につけられる『多言語の環境づくり』を、家族やたくさんの仲間たちと一緒に進めています。

赤ちゃんから大人まで、誰でもいつからでも参加できるヒッポファミリークラブの活動の場は、全国に700ヵ所以上。いろんなことばが飛び交う“多言語の公園”で、自然に話せるようになる楽しさを体験してみませんか。

ヒッポファミリークラブは、多言語の環境として7ヵ国語を基本に、現在21のことばで活動しています。
スペイン語/韓国語/英語/日本語/ドイツ語/中国語/フランス語イタリア語/ロシア語/タイ語/マレーシア語/ポルトガル語/インドネシア語/広東語アラビア語/ヒンディー語/台湾語/トルコ語/スウェーデン語/スワヒリ語/ベトナム語

Multilingual Natural Immersion~ヒッポファミリークラブの多言語環境は・・・

Immerse~多言語の音に浸る

オリジナルの多言語マテリアルを使って、いろいろなことばが聞こえてくる日常をつくります。まずは家の中で流してみましょう。小さな音でもいいんです。いつも聞こえてくる環境が大切。音楽のように多言語のメロディを楽しみます。

ヒッポのまてりあるCD

Singing the Sounds~ことばを歌おう

聞こえてくる多言語を丸ごとまねっこ。ヒッポでは、それを「ことばを歌う」と呼んでいます。まずはそれぞれの国のことばのメロディを口ずさんでいきましょう。仲間と一緒に歌うと、楽しいです。

いろいろなことばを聞いてみる

ファミリーは楽しい仲間が集まる場。年齢や体験に関係なく、0歳からシニア世代まで一緒に多言語を楽しみます。先生はいません。クラス分けもテストもなし。共通に聞いている多言語マテリアルを真ん中に、仲間と一緒にことばを育てます。

ファミリーについてもっと詳しく

Transnational Exchange~世界の人たちと出会う

国や文化、ことばの違いを越えて“家族になろう”をテーマにしているヒッポのホームステイ交流。ファミリーでことばを歌って準備し、交流後は体験をたくさんの仲間に聞いてもらうなかで、どんどんことばが育っていきます。

家族でも一人でも参加できる「海外ホームステイ」と海外の人を自宅に招く「ホームステイ受け入れ」があります。ことばと心が通じ合っていく体験は、一生の宝物です。

ファミリーについてもっと詳しく