TOP > 代表理事あいさつ

代表理事あいさつ

「ことばと人間」の探求

 ヒッポでやっているのは「外国語」ではない。同じ人間のことばの活動である。この仕事を始めて以来、私がやってきたことはただ一つ「人間とは何か」ということを探求し続けることだった。

 ヒッポでは活動をしている様々な人たちがいろいろな話をしてくれる。自分ひとりでは見つけられないことも、人間にはことばがあるから人の体験を通して、ことばを話す人間とは何か、ということを私も見つけることができるのである。言い換えれば、人間に一度生まれたなら、人間に生まれて良かったな、人間ってすごいな、と実感する話に耳を傾けながら、私はこの活動を続けてきただけだ。
 人間は音声を文字に置き換えた瞬間から、ことばを○○語、××語というふうに外側から見るようになり、その違いばかりに注目するようになってしまった。これが「外国語」という思想の誕生ではなかったか。ことばは全て、同じ人間のことばである。ヒッポには「外国語」というものは存在しない。

 自分のこどもが生まれた時「この子が大きくなった時、世界はどんどん狭くなっ ていくだろう。そんな世界を伸び伸び生きていってほしい。それには日本語以外のことばもできたらいいじゃないか」。そう思ってこの仕事を始めたのは40年程前のことだ。当時英語で始めたこの活動も、今では20ものことばの世界に広がった。ことばの数が問題なわけではない。同じ人間が見つけることばの自然な道筋が、多言語を通してくっきりと見えてくるのである。あらゆる言語はその構成音群が見事に共鳴し、簡明な秩序でそれぞれの交響曲を奏でている。自然がどう振舞っているのか、人間のことばとは何か。皆とともに探求していく場がヒッポである。
全国に約700ヶ所お近くでヒッポを体験しよう♪活動場所を検索 おすすめ!親子で参加できる講演会・ワークショップなどイベントを検索 資料請求