ヒッポファミリークラブ 公式 » トピックス » 上智大学での多言語の自然習得ワークショップ開催のお知らせ
TOP > トピックス > 上智大学での多言語の自然習得ワークショップ開催のお知らせ

トピックス・マスコミ掲載情報

上智大学での多言語の自然習得ワークショップ開催の・・・

(2019年 11月 18日)

11422

12月2日(月)17:20~、上智大学の四谷キャンパスで「節英のすすめ」の著者、
木村護郎クリストフ教授が発起人となる「多言語の自然習得ワークショップ」が
開催されます。
上智大学のダイバーシティ推進室が主催するもので、ヒッポファミリークラブと
同大が連携して開催する初めてのイベントとなります。
当日は参加無料、事前の申し込み不要でどなたでもご参加いただけます。

ヒッポファミリークラブの研究員や会員が案内役となり、音楽にあわせたダンスや
ゲーム、初めて触れることばをまねる活動など、いろいろな国と地域のことばに
楽しみながら親しむことを目的とした多言語活動を体験していただきます。

■日 時: 12月2日(月)17:20~19:00  ※参加無料(事前の申し込みは不要)
■場 所: 上智大学 四谷キャンパス7号館 14階 特別会議室(千代田区紀尾井町7-1)
■主 催: 学校法人上智学院 ダイバーシティ推進室
■協 力: 一般財団法人 言語交流研究所・ヒッポファミリークラブ

〈コーディネーター〉
上智大学外国語学部ドイツ語学科 木村 護郎クリストフ教授(言語社会学)
1974年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了。
慶応義塾大学専任講師などを経て、2012年より上智大学外国語学部教授。
著書に『節英のすすめ―脱英語依存こそ国際化・グローバル化対応のカギ!』(萬書房)、
共編著書に『多言語主義社会に向けて』(くろしお出版)、『媒介言語論を学ぶ人のために』
(世界思想社)など。

〈主なプログラム〉 ★日本語を含め多言語で行います
●ワークショップの主旨説明(木村 護郎クリストフ教授)
●いろいろな国と地域の音楽を使ったダンスやゲーム(★)
●初めて聞く多言語の物語をまねる体験(★)
●多言語で自己紹介に挑戦(★)
●ヒッポファミリークラブ会員の多言語プレゼンテーション
●全体講評(木村 護郎クリストフ教授)
※上記はプログラムの一部です。詳細につきましてはお問い合わせください。
※当日の状況により内容が変更になる可能性があります。


  • 一覧へ戻る
    お問い合わせ